スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

財務副大臣に池田元久氏が内定(産経新聞)

 財務相に昇格する野田佳彦財務副大臣の後任に、池田元久衆院議員が8日、内定した。池田氏は衆院神奈川6区選出で当選6回。党「次の内閣」(NC)の財務担当を務めたことがある。

【関連記事】
民主が全国幹事長会議を17日に開催
菅新首相が「参院選で先頭に立つ」と決意 党役員会にも可能な限り出席
菅内閣が今夜発足へ 11閣僚が再任
「怒鳴り合っていない」 民主・池田氏が指摘
「安定した人が入閣」 新政権へ宮城知事
電撃的な首相退陣劇の裏で何が…

民主党 政調「衣替え」着手 政府と党の共催案など浮上(毎日新聞)
未来の科学技術 31年に宇宙旅行 40年に有人月面基地(毎日新聞)
<日本振興銀>木村氏、違法性認識か 債権買い取り承認(毎日新聞)
両親? 暴行し死なせる=殺人未遂容疑で42歳男逮捕―警視庁(時事通信)
<天皇、皇后両陛下>世界最大級の淡水魚水族館視察 岐阜(毎日新聞)
スポンサーサイト

<トキ放鳥>3回目は11月、15羽程度予定 (毎日新聞)

 環境省のトキ野生復帰・飼育繁殖合同専門家会合が2日、新潟県佐渡市で開かれ、3回目となるトキの放鳥を11月に15羽程度で行うことを決めた。

 同省は当初、今秋に20羽程度を放鳥する計画だったが、3月に同市の佐渡トキ保護センター野生復帰ステーションの順化ケージにテンが侵入し、野生復帰に向けて訓練中だったトキ9羽が死ぬ事故が発生。秋の放鳥は危ぶまれていたが、同ケージの外敵対策の改修工事は7月末までには完了する見込みで、8月上旬から訓練を始めれば、放鳥は可能と判断された。

 放鳥は、同ケージの一部を開放し、自然に飛び立つのを待つ方法で行う。当初から今秋の放鳥が予定されていた10羽に、今春生まれた0歳の4~5羽を加える。専門家は「若い方が野生への適応能力がある」としている。

 4次放鳥は11年3月上旬に20羽程度で行う。【川畑さおり】

【関連ニュース】
雑記帳:トキのひなに“子ども手当” いしかわ動物園
トキ:最後のペア「抱卵」中断…今春のひな誕生絶望的
放鳥トキ:カラス卵2個持ち去る ふ化の期待あと1組に
小沢環境相:秋のトキ放鳥に前向き
放鳥トキ:ひな誕生した可能性 餌を与える仕草

<南アW杯>巨大漫画でエール 日本代表26日未明出発(毎日新聞)
首相の会見は再延期、午後9時の見通し(読売新聞)
東京で歯科展開の医療法人社団が破産(医療介護CBニュース)
小惑星へ2度の“着陸”(産経新聞)
受信料不払い5人に強制執行 NHK(産経新聞)

劇場効果もそろそろ限界? 来場者も低調に 事業仕分け第2弾(産経新聞)

 公益法人などを対象に20日に始まった行政刷新会議の「事業仕分け第2弾」の後半戦。支持率低迷にあえぐ鳩山由紀夫首相は世論の熱い支持に期待を寄せるが、意外にも初日の来場者は低調で、一般傍聴席は空席も目立った。政権発足後、ほぼ唯一の“成功体験”だった「仕分け劇場」ももはや賞味期限切れなのか。(小田博士)

 「民主党政権は財源なきバラマキだ。仕分けなければならないのは、お前たちだ!」

 20日の事業仕分けの作業の開始直後、一般傍聴席に立っていた男性が突然大声を張り上げた。男性は夏の参院選に東京選挙区から立候補する考えだという。視線の先には同じ選挙区から民主党公認で出馬する蓮舫参院議員の姿もあった。

 男性は多くの報道陣に取り囲まれ、自分の名前を盛んにアピール。参院選に向けた「政治ショー」との批判を受けた事業仕分けが、皮肉にも民主党に批判的な勢力の政治パフォーマンスに逆利用された格好だ。

 仕分け自体の「パフォーマンス力」にも陰りが見え始めた。20日午後1時半時点で、蓮舫氏がおり、注目度が高いA班の会場の一般傍聴席約110席はある程度埋まっていたが、B班の傍聴者はわずか約50人。独立行政法人を対象に行った4月下旬の「前半戦」では会場に入りきれない一般傍聴者が多数場外に並び続けたことを振り返れば寂しさは否めない。関係者は「1カ月間しか間を置いていないため、注目度が下がっているのかも」とこぼす。

【関連記事】
「仕分け人 妻に比べりゃ まだ甘い」サラリーマン川柳で人気作
事業仕分け 教本32億円…運転免許利権にメス
事業仕分け後半戦スタート 塩供給業務は見直し
省エネ大賞を廃止 仕分け人「役割を終えた」
一朝一夕で築けぬ防衛力 着実に育成 参議院議員・佐藤正久

<こち亀>麗子像「スタイル守る」 制作会社現場確認、補強など対策検討(毎日新聞)
日本創新党との連携も たちあがれ平沼氏(産経新聞)
東国原知事「殺処分の49頭まだ生かしている」(読売新聞)
谷村新司さん、非行防止へ楽曲書き下ろし(産経新聞)
口蹄疫 種牛49頭の救済要請 農水省、結論示さず(産経新聞)

キトラ古墳 四神の壁画、幼稚園児らに公開 奈良(毎日新聞)

 奈良県明日香村のキトラ古墳(7世紀末~8世紀初め)の石室からはぎ取った四神の壁画が14日、奈良文化財研究所飛鳥資料館(同村奥山)で、事前に応募した幼稚園児と小中学生に公開された。四神のうち、石室の南壁に描かれていた朱雀が公開されるのは初めてで、一般公開は15日~6月13日。

 壁画はカビやはく落などで劣化が進んだため、04年8月からはぎ取り作業が始まった。朱雀は四神で最も遅い07年2月にはぎ取られ、村内の修理施設で保存作業が続いていた。06年から毎春、十二支や四神の一部が公開されてきたが、初めて青竜、白虎、玄武、朱雀の四神がそろった。

 朱雀は全長38センチで赤く彩色され、短い羽を広げて走っているような絵柄。見学した同県橿原市立畝傍東小6年、池田航基さん(11)は「とても神秘的な感じがした。古いものが残っているのが不思議だった」と話していた。

 開館は午前9時~午後6時(土曜は午後9時)。31日は休館。問い合わせはキトラりんりんダイヤル(050・7105・5355)。【高島博之】

【関連ニュース】
文化庁:高松塚とキトラ古墳保存へ検討会 東京で初会合
<写真特集>高松塚古墳
<ニュースが分かる>みがえる奈良の都 平城遷都1300年
<写真特集>空から見たニッポン 箸墓古墳
邪馬台国の最有力候補?纒向遺跡

温暖化解決の根拠のはずが…揺らぐIPCCレポートの信用性(産経新聞)
パソコン200台詐取=容疑で元IT社員逮捕-警視庁(時事通信)
<普天間移設>鳩山首相「厳しい状況は分かっている」(毎日新聞)
バラとガーデニングショウ 黒柳徹子さん、バラを語る(毎日新聞)
「あかつき」あす打ち上げ 宇宙ヨット「イカロス」も金星へ(産経新聞)

B型肝炎訴訟で閣僚会合=和解協議に向け詰め-政府(時事通信)

 集団予防接種の注射器使い回しでB型肝炎ウイルスに感染したとして、患者らが国に損害賠償を求めたB型肝炎訴訟で、政府は9日、関係閣僚による会合を開いた。原告側との和解協議には応じる方向だが、さらに詰める課題があるため、閣僚らで引き続き検討を重ねる。
 国側は因果関係が不明などとし、全面的に争ってきたが、札幌、福岡両地裁が今年3月に和解を勧告。大阪地裁も翌4月、和解による解決を促し、官邸を中心に対応を協議してきた。
 9日は首相公邸に鳩山由紀夫首相や仙谷由人国家戦略担当相、長妻昭厚生労働相ら6閣僚が集まり、約1時間半にわたり議論した。
 会合後、仙谷氏は報道陣に対し、「もう少し詰めなきゃいけない問題が多々ある」と述べ、14日に開かれる札幌地裁の次回期日まで協議を続ける考えを示した。 

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設~5月中の決着は?~
【特集】「陸山会」土地購入事件~検察審、小沢氏「起訴相当」を議決~
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能~みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~

当直JR社員「二度寝」、駅の出入り口開かず(読売新聞)
死体遺棄容疑で元夫を逮捕 静岡・御殿場(産経新聞)
<九尺藤>カーテンのような花房 兵庫・丹波で見ごろ(毎日新聞)
「本番しただろ!」と15万円 風俗店店長ら逮捕(産経新聞)
たちあがれ日本、自称「B’z稲葉」の33歳イケメンを擁立(スポーツ報知)
プロフィール

いぬいまさきちさん

Author:いぬいまさきちさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。